低温調理器を買ってみた

低温調理機。別名真空調理。

第四の調理法ともいわれております。

食材を真空ぱっくしてゆせん。温度を厳密に細かくコントロールすることによって、肉や魚を最適な温度で調理できるというもの。

肉はおいしくジューシーに、お魚はほろほろしっとりと味がしみこむというアレ。

10年程前にその存在を知り、数年前から動画でも紹介しているのを見てさんざん迷っていたがこのたび購入。

 

「anova」がちらちら紹介されているようですが、筆者は「boniq」というメーカーを購入。

理由は店に現物であったのがそれだけから……ではなく、

boniqだと日本語レシピと取扱説明書がついている、プラグもそのままさせばおkということが決め手でした。(※anovaは変換プラグの別途購入が必要)

初めて使うものだから失敗要因は減らした方がいいかな、と。

ちなみに公式サイトのレシピもあるとのこと。↓

boniq.jp

 

で、いま使い始めているところですがなかなかコツがひつよう。

真空パックがなかなかうまくいかないことがある。

・湯煎で熱を入れるので食材の大きさや厚さがレシピより薄いと、火が余計にとおってしまい固くなる。(逆もしかり)

 

慣れてきたらレポします。